第7回ESD大賞・実践校 審査員特別賞 群馬県立利根実業高校

平成26年10月に、群馬県の公立高校として初のユネスコスクールとなった。教育目標「地域に根ざした特色ある実業高校の創造」を達成するために、環境教育活動、食育活動、地域ボランティア活動の3つの柱でユネスコスクール活動を展開している。学校が所在する利根・沼田地域は、上信越高原国立公園と尾瀬国立公園に囲まれ、自然環境に恵まれた地域。その自然環境を生かした活動が特長である。主な活動は――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。