今後のESDの展開は SDGsの達成に貢献

ユネスコスクール参加校が千校を超え、学校現場における持続可能な開発のための教育(ESD)の啓発普及は、着実に進んでいるといえよう。国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、今後どのような展開がなされるのか、文科省の30年度概算要求を軸にみてみよう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。