50年後の社会に向けたESDによる人材育成

超少子高齢社会、人口急減期、AIの急速な発展など急激な変化を遂げる社会を生き抜く子供をどのように育て、どのような資質・能力を育てるか、ESDの視点から識者に論じてもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。