ユネスコスクール 交流・連携で実践の深化・拡充を

ユネスコスクールはESDのさらなる牽引を――。文科省の川端和明国際統括官に今後のESDの展開におけるユネスコスクールの役割などを聞いた。SDGsの達成に向け、ユネスコスクールの教員は国際的なネットワークを生かして交流・連携し、多様な実践や知見の共有を図ってほしいと要望した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。