ユネスコスクール支援大学間ネットワークとその役割について 運営委員長 宮川秀俊(中部大学)

わが国の学校教育におけるESD活動は、ユネスコスクール(ASPnet)を推進拠点として位置付けて進められています。このユネスコスクールを支援する組織として、2008年12月にユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet:ユニブネット)が設立されました。この後、ユニブネットは、ユネスコスクールへの加盟申請の支援、加盟後のESD活動の支援、ユネスコスクールと地域の教育機関(学校教育、社会教育)との連携の支援、国内外のユネスコスクールとのネットワーク作りの支援などを行っています。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。