互いの良さを認める空間作り 前向きに生きる生徒を育成

愛知県碧南市立新川中学校(角谷竹虎校長、生徒数437人)は自他の良さを認め合える空間づくりに力を入れた実践で、生徒の自信を育てることに成果を上げている。加藤誠教務主任に取り組みのポイントをまとめてもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。