自ら探究し 仲間と共に 高め合う学びづくり

愛知県犬山市立城東中学校(武内浩二校長、生徒数570人)は、身に付けさせたい資質・能力を具体化し、生徒と共有して教育活動を進めていく実践に取り組んでいる。山田敦貴研究主任に、実践の柱をまとめてもらった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。