ESD10年の成果を示す 未来に向けた人材づくりは

昨年、福岡県大牟田市で開かれた第9回全国大会

第10回ユネスコスクール全国大会 12月8日に横浜市で開催

日本における持続可能な社会の実現に貢献――。ユネスコ・スクールが一堂に会して開催される第10回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、第10回ユネスコスクール全国大会横浜大会実行委員会(横浜ESD推進コンソーシアム、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会ほか/協力・横浜市教委ほか/後援・教育新聞社ほか)の概要が決定した。今年度は12月8日に、横浜市で開催される。第10回の記念大会として注目を集めている。

次期学習指導要領では、従来以上にESDに関連する内容が各教科・領域に盛り込まれ、「持続可能な社会の創り手」の育成を教育活動全体で展開することをうたっている。2018年度の小学校移行措置を皮切りに、持続可能な社会を目指した教育活動・実践が、学校現場でより一層展開されていくことになっている。

こうした流れの中で、第10回ユネスコスクール全国大会は、これまで積み上げた成果、ESDの教育的効果を示す大会を目指している。わが国随一の国際都市である横浜市で開催し、ESDの推進拠点であるユネスコスクールを軸に、ESDに関心のある教育関係者が集結して、さらなる発展を目指し実践交流などを行う。

今大会は、初めて大会実行委員会を組織して対応。横浜ESD推進コンソーシアム、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会を軸に開催地区のESD関係者で構成。横浜市教委が協力し、地元の力を結集して特色を打ち出すとともに、成果の多い大会運営を行う。

全国のユネスコスクールの教職員をはじめ関係者が一堂に会して大会を開き、実践や研究活動から得た好事例や知見を共有することで、その活動の深化拡充およびESDのさらなる普及啓発を目的とする。

大会では▽ユネスコスクールにおけるESD活動の課題解決を図るワークショップ▽優良実践校の事例発表を軸とするテーマ別交流研修会(研究協議会)▽わが国の未来を支える人材づくりの要諦を学ぶ特別対談▽ESDが持続可能な社会の構築に貢献する人材づくりに果たしてきた役割および成果などを提示するパネルディスカッション▽ユネスコスクールの先進的事例や企業・団体の事例の展示発表(ポスター展示およびブース展示)――などを軸としている。

第10回という節目の大会であることから、ユネスコスクールがこれまで積み重ねてきたESDの普及、啓発および持続可能な社会の構築に貢献する人材づくりの成果を広く喧伝(けんでん)する大会を目指す。そのために、ユネスコスクールでESDに取り組んできた教職員、指導をした研究者、特に学んだ児童生徒(卒業生)に焦点を当てる予定である。

また、横浜市で展開されている未来に向けた人材づくりの実践などとも連携し、地域的な特長を生かした大会とする。

詳細は決まり次第、逐次報告する。

〔大会概要(予定)〕
▽日時=12月8日午前10時~午後5時
▽会場=横浜市立みなとみらい本町小学校(横浜市西区高島1-2-3号、交通=横浜駅(JR、東急、京急など)東口下車、徒歩8分)
▽大会テーマ(予定)=「未来はワタシを待っている―ESDで育てる児童生徒、教師、そして学校、地域社会」
〔主な内容〕
▽開会式=あいさつ(予定)・文科大臣、日本ユネスコ国内委員会会長、横浜市長
▽ESDに関する施策説明=文科省国際統括官付
▽特別対談「未来をつくる人材育成のあり方を考える」
▽パネルディスカッション=「ESDがつくるワタシたちの未来―ユネスコスクールで学び、育ち、そして、進む」
▽ランチョンセッション=企業のESDの取り組みの発表
▽分科会

・ワークショップ ・テーマ別交流研修会

▽展示等

・ポスター発表=ユネスコスクールの先進的事例発表×50校 ・ブース展示=企業・団体の実践事例の紹介

▽閉会式
・第9回ESD大賞表彰式 ・閉会式
▽情報交換会

大会情報はNPO法人日本持続発展教育推進フォーラムのサイトで。


実行委員会委員一覧

  • 住田昌治(横浜市立日枝小学校長、実行委員会委員長)
  • 永田佳之(聖心女子大学教授)
  • 佐藤真久(東京都市大学教授)
  • 小貫大輔(東海大学教授)
  • 小正和彦(横浜市立みなとみらい本町小学校長、会場校)
  • 望月浩明(神奈川県立高校講師 神奈川県ユネスコスクール連絡協議会)
  • 横浜市教育委員会
  • 齊藤英行(NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム理事・事務局長、(株)教育新聞社社長)
  • 岡山慶子(NPO法人日本持続発展教育推移フォーラム理事)

あなたへのお薦め

 
特集