ESD10年の成果を示す 未来に向けた人材づくりは

第10回ユネスコスクール全国大会 12月8日に横浜市で開催


日本における持続可能な社会の実現に貢献――。ユネスコ・スクールが一堂に会して開催される第10回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、第10回ユネスコスクール全国大会横浜大会実行委員会(横浜ESD推進コンソーシアム、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会ほか/協力・横浜市教委ほか/後援・教育新聞社ほか)の概要が決定した。今年度は12月8日に、横浜市で開催される。第10回の記念大会として注目を集めている。

次期学習指導要領では、従来以上にESDに関連する内容が各教科・領域に盛り込まれ、「持続可能な社会の創り手」の育成を教育活動全体で展開することをうたっている。2018年度の小学校移行措置を皮切りに、持続可能な社会を目指した教育活動・実践が、学校現場でより一層展開されていくことになっている。

こうした流れの中で、第10回ユネスコスクール全国大会は、これまで積み上げた成果、ESDの教育的効果を示す大会を目指している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。