SDGs、高い認知度 ユネスコスクールの活動調査結果

エネルギー、平和に取り組む


(公財)ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)はこのほど、「2017年度ユネスコスクール年次活動調査」の結果を公表した。SDGs(持続可能な開発目標)の認知度が6割を超えていることなどが明らかにされた。


 同調査は、文科省の委託事業。昨年12月から今年1月にかけ、全ユネスコスクール加盟校1034校を対象にウェブ調査を実施され、765校(回答率約74%)から回答を得た。

 校種別に回答校の割合を見ると、「小学校」49%、「中学校」22%、「高等学校」16%、「中高一貫校」7%、「保育園・幼稚園」3%、「小中一貫校」2%などとなっている。

 国内および国際的枠組みについて、「知っている」と回答した割合は、「グローバル・アクション・プログラム(GAP)」56%、「(GAPと別に)国内実施計画」37%、「SDGs」63%となっており、SDGsに対する認知度が高いことが分かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。