活躍する退職校長会 VerⅡ 子ども、教師、地域を支える(4)愛知県退職校長会

現職と連携し今日的な課題など研修


1.愛知県退職校長会の概要

 愛知県退職校長会は1966年、会員相互の旧交を温め、併せて愛知県の教育振興に寄与することを目的として結成されました。当初は義務教育と高校教育と合同でスタートしました。その後運営上の問題から、92年度から現在の小中学校のみの退職校長による組織になりました。その後、組織の拡大を行い、現在は退職後の7年間の会員で組織することとし、2017年度は約1700人で活動しています。

なお、県内には17の支部があり、その場合は基本的には終身の会員となっています。その17の支部は基本的には、会員相互の親睦と交流が中心です。支部によっては総会時に高齢者会員のお祝いとか研修旅行を、また、物故者の法要を行っているところもあります。従いまして、本県の退職校長会員のほとんどが退職後の7年間は支部の退職校長会とダブル加入となっています。

県退職校長会の主な事業は、①会員相互の親睦を図る②現職校長会と連携し教育の進展を図る③関係団体と協力し福祉の増進に努める――ことなどです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。