ESD推進の資料が満載 手島利夫氏がサイトを開設

ESD実践の第一人者として知られる手島利夫氏(日本ESD学会副会長、前東京都江東区立八名川小学校長)がこのほど、「ESD、SDGsを推進する手島利夫の研究室」と題するホームページを開設した。これまでの実践を基にしたESD推進のための数多くの知見が収載されており、ESD関係者から注目を集めている。

手島氏は管理職として、同区立東雲小と八名川小の校長を歴任。両校でESDを推進、NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム主催のESD大賞(後援・文科省ほか)で、ともに最高賞のESD大賞を受賞している。

これまでの実践で最も著名なのは、ESDカレンダーの開発だろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。