ESDの成果示す大会に 節目の第10回ユネスコスクール大会 12月8日横浜市で開催

第10回の節目の大会にESDの成果を示そう――。ユネスコ・スクールが一堂に会して開催される第10回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、第10回ユネスコスクール全国大会実行委員会、後援・教育新聞社ほか)の概要がほぼ固まった。今大会は12月8日、横浜市の同市立みなとみらい本町小学校で開かれる。

今回の大会テーマは「未来はワタシたちを待っている―ESDで育てる児童生徒、教師、そして学校、地域社会」。パネルディスカッションには、ユネスコスクールの卒業生が登壇し、ユネスコスクールで何を学んだかを語ってもらう。ESDの実践が子供たちにどのような成果をもたらしたかを学びの当事者たちに聞く、という注目される取り組みがある。

国連において「持続可能な開発目標(SDGs)」が設定され、学校現場だけではなく、行政や企業などでも取り入れられ、ESDはさらに広く、大きな役割を担うこととなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。