活躍する退職校長会 VerⅡ 子ども、教師、地域を支える(8)佐賀県退職校長会

「学校教育の応援団」として活動


1. 会の沿革と組織

佐賀県退職校長会は、1965年9月26日に全国連合退職校長会結成の機運に呼応して、現職校長として研鑽(けんさん)してきた教育的識見と経験を退職後も継承発展させ、さらに、佐賀県教育の振興に寄与するとともに、会員の親睦と福祉の増進に努めることを目的として結成されました。以来半世紀を超え、会員とともに組織の充実と活動の強化に努め、今後のさらなる発展を期し活動に取り組んでいます。2015年5月には、創立50周年記念定期総会を開催し、次の50年に向かってスタートしています。

会員は、県内の小学校・中学校・県立学校の校長退職者をもって組織し、加えて現職の校長も賛助会員として加入しています。本部では、定期総会・県理事会・支部長事務局長会・本部役員会等をもとに運営を推進し、教育振興部会・福利厚生部会・広報情宣部会の3専門部を中心に、県下13支部の会員が連携し、活動に取り組んでいます。
2. 教育支援活動について

定期的に教育関係機関・団体(現職校長会、県教育委員会、市町教育委員会・教育長会連合会、県PTA・高校PTA等)との教育懇談会を開催し、喫緊の教育課題について協議し、退職校長会としての支援に取り組んでいます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。