活躍する退職校長会 VerⅡ 子ども、教師、地域を支える(10)和歌山県教友会(和歌山県退職校園長会)

組織の拡充と魅力ある活動を進める

1. 教友会の概要

1965年10月10日に「中正健全な教育世論を喚起し、教育の充実伸長をはかるとともに、会員相互の福祉の増進と研修並びに親睦をはかること」を目的として、和歌山県退職校長会(67年5月14日に和歌山県教友会と改称)を結成しました。戦後退職した校長を中心に183人での発足でしたが、2000年度には1868人の会員を擁するまでに組織が発展しました。しかし以後今年まで少子化・過疎化による休校・廃校が増加し、校長数の減少、物故者等により会員数は1500余人にまで減少してきました。本会は、当初から組織の強化を図るとともに、さまざまな活動や事業、運動を積極的に進めてきました。

2015年10月、創立50周年を記念し、会報の特集号発行、記念講演会と教育フォーラムを開催しました。

現在、県が「きのくに学びの日・同月間」を定め、県内すべての市町村が「教育の日」を設定し、11月を中心に教育に関する事業・行事を実施するというもの、国民の祝日としての「教育の日」の制定に努力しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。