ユネスコスクール/ESD推進功労賞

さらなる普及啓発を目指して 受賞者の喜びの声

 NPO法人日本持続発展教育推進フォーラムは、ユネスコスクール全国大会第10回大会を節目に、この10年間にユネスコスクールの拡大およびESDの普及啓発に先進的、継続的な成果を挙げ、また、多年にわたり学校教育をはじめさまざまな分野におけるESDの向上発展に貢献し、わが国の持続可能な社会を構築する人材の育成に関し特に顕著な功績が認められた者に「ユネスコスクール/ESD推進功労賞」を授与し表彰する。9者(団体等含む)に日本ユネスコ国内委員会会長賞が授与される。個人で受賞した7人の喜びのコメントを紹介する。このほか団体等として、(一財)ジャパンアートマイル、(株)三菱UFJ銀行が受賞している。

元東京都江東区立八名川小学校長、日本ESD学会副会長 手島 利夫氏

ESDカレンダーを開発

 このたびは、素晴らしい賞をいただけるとのこと、ありがとうございます。私のESDへの取り組みは、13年前の2月に、東京都江東区立東雲小学校で始まりました。当時、ESDと言われても雲をつかむような話で、どのように進めたらいいのか途方に暮れておりました。

 しかし、視点をもって学びをつなぐ中から「ESDカレンダー」が生まれ、また、八名川小学校に異動してからは、カレンダーに指導計画部分を対応させた「New ESDカレンダー」や発信の場「八名川ESDまつり」を広めることで、ESD推進の指針「教科等横断的なカリキュラム・マネジメント」が一層明確になり、ユネスコスクールの発展に役立てたと思います。

 また、「子供の学びに火をつけろ」を合言葉に、実践力育成につながる意思や意欲を育む授業づくりを工夫してきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。