SDGsの達成を目指す ユネスコスクールへの期待を語る

身近な一歩が地球規模の課題解決へ

対談
大山真未(日本ユネスコ国内委員会事務総長、文部科学省国際統括官)
末吉里花(日本ユネスコ国内委員会広報大使、(一社)エシカル協会代表理事)


 貧困や飢餓から経済成長、気候変動に至るまで、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)は世界規模の課題に包括的に取り組む。SDGsへの取り組みが加速度的に進む中、ESDは一層重要な役割を担うこととなった。学校教育におけるESDの推進に期待を込め、日本ユネスコ国内委員会で事務総長を務める大山真未・文部科学省国際統括官と、同委員会でESD広報大使を務める末吉里花(一社)エシカル協会代表理事がESDの今後の展望を話し合った。(進行 教育新聞編集局)

■自分が行動することで社会を変える


――ESDの推進状況についてどのように捉えていますか。

大山 国際統括官に就任して一カ月がたったところですが、改めてESDについて考え、非常に幅広い概念だと気付きました。一人一人が当事者意識を持って、身近な問題として主体的に取り組むことがより良い社会につながる、自分が行動することで社会を変えることができるという感覚は、社会を生きていくために重要な価値観になります。

 先般、福岡県大牟田市の安田昌則教育長から、地元の取り組みとして「こども民生委員」について聞きました。高齢者や地域の方々への声掛けやお手伝いをして町をより良くするという取り組みです。「おおむた・みらい・ESD推進事業」も行われており、大人も刺激を受けながら地域活性化に貢献しているということで感銘を受けました。

 また、新学習指導要領の全体の内容に係る前文および総則において、「持続可能な社会の創り手」の育成が掲げられ、各教科においても、関連する内容が盛り込まれました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。