第9回ESD大賞発表 文科大臣賞に宮城県気仙沼高校

ユネスコスクール大会で表彰

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラムではこのほど、第9回ESD大賞(後援・文科省、日本ユネスコ国内委員会、㈱教育新聞社ほか)の受賞校を発表、文部科学大臣賞には宮城県気仙沼高等学校が選ばれた。

同賞は、各学校で正しいESDの概念に基づいた教育が積極的に実践され、持続可能な社会の構築に参画する人間づくりの推進に寄与することを目的に、小中高校を対象にESDの実践研究事例を募り、優れた実践を顕彰する。

文科大臣賞(ESD大賞)のほか、ユネスコスクール最優秀賞1校、小中高の各賞各1校計5校、昨年から新設されたベスト・アクティビティ賞1校、スタートアップ賞1校が受賞した。

受賞校は、次の通り。

▽文部科学大臣賞(ESD大賞)=宮城県気仙沼高等学校

▽ユネスコスクール最優秀賞=宮城県多賀城高等学校

▽小学校賞=徳島県上坂町立高志小学校

▽中学校賞=大阪府寝屋川市立第十中学校

▽高等学校賞=和歌山県立田辺高等学校

▽ベスト・アクティビティ賞=三重県・三重中学校・高等学校

▽スタートアップ賞=横浜市立日枝小学校

表彰式は12月8日、横浜市で開催される第10回ユネスコスクール全国大会で行われる。

関連記事