活躍する退職校長会 VerⅡ 子ども、教師、地域を支える(12)富山県退職校長会

自助・共助の心で活動に取り組む


 本会は、1965年5月16日に「校長旧友会」を結成し、同年9月11日の総会において会の名称を正式決定しました。当初は小中高校の会員153人で発足しました。その後、68年に現在の名称「富山県退職校長会」に改めました。そして、2015年6月には創立50周年を迎えました。

 本年5月末現在、会員数は1350人です。

 組織の運営は、正副会長会(年1回)、理事会(年2回)、総会(年1回)とし、併せて、県内各地区から選出された理事の代表により3委員会を構成して、事業の推進に使命感をもって積極的に取り組んでいます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。