年頭所感 2019(4)

子供の学びを支える「かかわり」を

全日本私立幼稚園連合会会長 香川 敬
幼児教育無償化が10月から実施されます。認可施設として公的責任が問われ、幼児教育の質の向上への期待と要請が高まることは必至です。学校評価とその見える化は、避けて通れません。

それだけに、より良い幼児教育の実現には、各園ならではの教育課程の編成と実施が課題となります。教育課程を具現化していくとき、子供の学びを支え、見守る私たちが心に留めておきたいことがあります。

子供の発達と教育に関する研究では、子供が「背伸び」する場を設定していく「かかわり」が発達を促し、学びの可能性を拡大させると言われています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。