映画『ナチス第三の男』 5組10名に鑑賞券プレゼント

第二次世界大戦時のユダヤ人大量虐殺を指揮したナチス・ドイツの高官ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を描いた映画『ナチス第三の男』(セドリック・ヒメネス監督)が、1月25日から全国の映画館で公開されている。同作の鑑賞券を読者5組10名にプレゼントする。

ハイドリヒはヒトラーやヒムラーに次ぐ権力を持ち、党内で「金髪の野獣」と呼ばれて恐れられた。チェコスロバキアでの恐怖の統治やユダヤ人大虐殺などを主導し、ヨーロッパに恐怖をもたらした。第二次世界大戦中に暗殺された唯一のナチス最高幹部でもある。

同作はハイドリヒが絶大な権力を手中に収めていく様子と、それを阻止しようと奮闘する暗殺部隊の若者の姿を描いている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。