気付き、考え、深める道徳科で 対話を重視し温かい人間関係を

愛知県稲沢市立治郎丸中学校


▼本校の現状

 生徒のアンケートや教師の観察から、一面的なものの見方や考え方しかできない生徒がいること、また、道徳的価値について深く考え理解できなかったり、理解はできても自分に何ができるかを判断し、実践できるまでに至っていなかったりする生徒がいることが分かった。

◎目指す授業と生徒

 本校の現状から、目指す授業を「気付き、考え、深める道徳科の授業」とし、「対話」を重視した取り組みを行うこととした。①教材を通して、自分と向き合い、自己と対話し、道徳的価値に気付き、考える生徒②話し合いによって他者の考えを聞き、他者と対話し、自分の考えや道徳的価値を深めることを目指す生徒――とした。

 本実践を通して、主体的な行動に加え、人として他者と共によりよく生きるために大切なものや生き方を考え、温かい人間関係による学級、学校づくりへと発展させていきたいと考えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。