(鉄筆)この3月に卒業した防衛大学校……

 この3月に卒業した防衛大学校478人の卒業生のうち1割の49人が自衛官に任官せず民間企業などに就職したという報道を目にした。

 一方、文科省の調査によると、全国の国立教員養成大学卒業生全体に占める教員就職率(2018年3月卒業者)は58.9%(前年度比0.4%減)。全国的に教員採用定員が増え、採用試験倍率は低下しつつあるにもかかわらず、こうした減少傾向が続いているという。すなわち、教員になろうと大学に入ったものの半数近くが教員以外の職に就く「教員離れ」が進行しているのである。

 こうした報道を耳にして、より自分の力が発揮でき、働く環境がスマートで安定しており、給料もよい職を求める若者の姿にさもありなんと納得はするものの、これで日本は大丈夫かと一抹の不安がよぎるのも事実である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。