シンプルな方法で学校は変わる

 本書は、2007年に刊行された『効果10倍の〈学び〉の技法』を増補改訂した「パート1 今すぐできる学校改革の具体例」に、「パート2 なかなか変わらない学校をどう変える」を新たに加えた構成となっている。

 ここから、この12年の間に学校改革は進まなかった現実が見てとれる。著者もその点に言及しているが、教育が大きな転換点を迎えている今だからこそ実践可能な改革のアイデアとして再編集し、理論編に当たるパート2を加えてより内容を充実させている。

 パート1は教師自身がどう変わっていくか、授業や評価のみならず教員間の情報交換やコミュニケーションの方法についてもシンプルに、かつ具体的に記されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。