学校現場で今すぐできる「働き方改革」

副題は「目からウロコのICT活用術」。著者は、札幌市内の四つの小学校で校長を歴任。総合的な学習の実践研究やICTを活用した学校の日常改善研究に取り組み、文科省の「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」スマートスクール構想検討ワーキンググループ委員を務めた。学校現場の実践を基に、ICTの活用を中心に学校の働き方改革のポイントをまとめた一冊だ。

「ICTを導入しただけでは、学校の業務改善はほとんど進みません」と、著者は言い切る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。