(円卓)SDGsの取り組みを具体的な形に

大阪府立大学人間社会システム科学研究科教授 伊井 直比呂





今年4月1日に施行された改正入管法に伴う外国人労働者の受け入れは、やがて「生活者」としての外国籍児童生徒の受け入れ数の増加を招くと考えられる。

昨年度の法務省の統計によると日本に在留する外国籍の人は263万人を超え、総人口に占める割合はおよそ2%だという。今後、この割合は確実に増加することになろう。

そこで、「教育」の観点からこの状況を捉え直してみたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。