AI時代を生きる 子どもたちの資質・能力

Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)を取り入れたSTEAM教育の重要性が日本でも叫ばれるようになって久しい。しかし、このSTEAM教育は黒船のように突如米国からもたらされたものではない。むしろ、以前から重視されてきた日本の学力観の延長線上に位置付けられたものだと言えよう。

著者は、ICTを用いることによってどのような授業が可能になり、児童生徒にどんな力が身に付くのかを、研究者として、また時には実践者として追い求めてきた。随所に出てくる国内外の授業実践や思考力を問う問題への分析に、その軌跡が凝縮されている。

人工知能(AI)の台頭によって、人間が担ってきた仕事が奪われると危惧されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。