子ども問題の本棚から ――子ども理解の名著25冊を読み解く

半世紀以上にわたって子供を研究してきた著者によるブックガイド。古典的な名著から記憶に新しいベストセラーまで、「現代の子どもをとらえるのに示唆に富むと思われる」25冊が並ぶ。

 全体の構成を「欧米の古典に見る子ども像」「子どもたちにとっての昭和」「子どもの暮らしをたどる」「新教育運動に見る子ども像」「子どもたちの現在」という五つのカテゴリーに分け、各5冊ずつを取り上げている。

 読者が興味を持ちやすいように、独自のキャッチコピーを付けたことも特徴だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。