(円卓)テストの点数は何を示しているのか

聖心女子大学現代教養学部教育学科教授 益川 弘如





全国学力・学習状況調査や都道府県単位での大規模テストが毎年実施されている。また、単元テストや中間・期末考査、入試など、児童生徒は常にさまざまなテストを受けているが、その点数は何を示しているのだろうか。

学習成果を知りたくても、直接頭の中をのぞくことはできない。テストとは、児童生徒の学習成果を「観察」する手段である。観察結果が点数となり、点数を「解釈」して児童生徒の学習成果を推定し、順位付けや次の指導へのヒントを得ている。しかし、「観察」方法もしくは「解釈」が間違っていると何が起きるだろうか。

教師による「解釈」の間違いは、国や都道府県が実施するような大規模テストで起きやすい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。