(円卓) 子供が自信を持てる評価に

(一財)総合初等教育研究所室長 梶井 貢





小学校の新学習指導要領の全面実施が一年後に迫っている。「学習評価及び指導要録の改善について」の通知も出された。各学校では、カリキュラムづくり、新しい授業づくり、評価の具体化などが喫緊の課題となってきている。

本稿では、評価について考察する。そもそも評価は、子供の成長・発展を促すものである。一人一人の良さや可能性を引き出すことにその目的がある。

資質・能力の三つの柱を受けて、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に取り組む態度」の3観点について、適切な評価規準を設定して観点別評価をしたとしよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。