第9回ESD大賞受賞校の実践 中学校賞

自分・ひと・未来を大切に グローカルな活動を展開して


大阪府寝屋川市立第十中学校



はじめに

寝屋鉢かづき学園として三井小学校、宇谷小学校とともに9年間を見通した継続性・系統性・計画性のある小中一貫教育を進めている。

ユネスコスクールとして、地域や社会とも連携しながら、学校全体で取組を進め、さまざまな探究活動や主体的・対話的で深い学びを通して、「自分を大切にする心(Care)」や「他者と協働しながら(Communication)」「進んで参画する態度(Action)」を身に付けることで、地域や社会に貢献し、将来にわたって持続可能な社会を生き抜く生徒の育成が可能であると考える。

ESDで目指す生徒像=「自分を大切に ひとを大切に 未来を大切にできる生徒」……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。