(円卓)なぜ2校目を目指すか

埼玉に夜間中学を作る会代表 野川 義秋





今年の4月、埼玉県内初の公立夜間中学「川口市立芝西中学校陽春分校」が開校した。さまざまな理由で義務教育を終えていない人、学び直しの形式卒業者、そして日本語の習得を求める外国籍の人といった生徒78人が学んでいる。この中には、自主夜間中学の7人も含まれている。

私たちが、川口自主夜間中学を運営しながら、公立夜間中学の設立運動を開始してから実に34年の歳月を要したことになる。

5月に発行した会報「銀河通信」においてこの報告をし、そこに「嬉しさと申し訳なさと」と題した一文を掲載した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。