(鉄筆)本欄の表題でもある……

 本欄の表題でもある「鉄筆」やガリ版(謄写版)は、若い教員たちには「死語」に近いものだろうが、鉄筆子にとってそれらで作成した50年も前の新卒教員時代の印刷物は、捨てることのできない大切な思い出の品である。

 毎日の宿題だった自作の計算ドリル、クラス文集、いくつかの物語をとじた教材集(教科書教材ではない、いわゆる「投げ込み教材」集)など――。それらを見ると、毎日、放課後、遅くまで、ガリ版に向かっていた自分を思い出す。とりわけ、「投げ込み教材」には思い出が多い。教科書も満足に使えない若造が、自分の指導したい物語をガリ版で作成、印刷し、教材として使うとは、若気の至りとはいえ、今考えただけでも冷や汗が出る。

 しかし、昔は大らかだった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。