(鉄筆)令和になり、皇室や……

令和になり、皇室やそれにかかわる事物などについてマスコミが取り上げる機会が増えたように感じる。

その一つが皇居、つまりかつて徳川将軍が居住し、幕府の政治の中心であった江戸城である。文献だけでも数多く出されており、小さな「江戸城ブーム」である。最近では、家康が築いた初期の江戸城の絵図が松江市で発見されそれを基に奈良大学の千田嘉博教授と歴史研究家の森岡知範氏が執筆した『江戸始図でわかった「江戸城」の真実』(宝島社)が話題となった。さらに、かつて明暦の大火で焼失した天守閣を再建しようという動きも民間レベルであるそうだ。

現在、皇居のうち東側の東御苑は一般開放されており、誰でも見学ができるが、訪れてみると外国人観光客が多いのに驚く。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。