(鉄筆)大学における留学生に関する……

大学における留学生に関するずさんな管理が問題にされている。某大学では過去3年間に1600人もの留学生が所在不明という。うそでしょう! こんなことが法治国家であり得るのか。国の担当者は「性善説をとっていて、早期の対応を逸した」と釈明していた。懐かしい言葉を聞いた感がある。

性善説とは孟子が説いた「人間の本性は善である」とする考え。反対は荀子の「人間の本性は悪である」とする説。性善説をとっていたということは、まさかそんなことになるとは予想だにせず、学生の在籍管理は当然きちんと行われているという前提に立っていたのだろう。それが裏切られた。

一方、学校によっては、留学生が就労目的で来ており、いずれ来なくなるのを承知の上で、学費の徴収目的で入学させているという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。