アセスメントで授業が変わる

 共生社会の実現に向け、インクルーシブ教育の充実を目指した実践が全国で進められている中、特別な配慮を要する子供をどのようにして理解し、指導を組み立てていくかは、全ての教師が持っておくべき知見といえる。

 本書は現場教師の悩みに寄り添いながら、子供の背景理解と実態把握の手だて、実態に即した具体的な指導計画の作成と実施、振り返りまで、押さえておきたいコンテンツを幅広く盛り込んでいる。

 第2章では、学習に困っている子供を理解するための心理アセスメントやチェックリストについて発達段階別に解説。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。