ESDとカリキュラム・マネジメント(1)日本人の最低賃金から学校教育を考える

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム理事 手島 利夫

テレビで日本人の最低賃金について議論が交わされていた。「欧米と比べて安いから法律を改正して賃上げをしよう」という声と「これ以上高くされたら地方の中小企業に倒産が続出し、国の経済基盤が壊れる」という意見が出ていた。

国民の教育水準という視点から考えると、今の日本人の賃金は案外妥当な線ではないかと思う。欧米に比べて安いとか高いとかいう前に、自分たちの経営や労働の質を考えなくてはならない。

大量生産・大量消費を支えた「昭和」感覚の経営者や労働者では世界経済に太刀打ちできていない、のが低賃金の根本の原因ではないだろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。