(鉄筆)新採2年目の小学校教諭の……

 新採2年目の小学校教諭の授業を参観した。昨年は育成教員の指導を受けながら学級経営を進めていた。月例研究会の折りに様子を見ていると、いつも不安で自信のない、笑顔が少ない状況であった。

 今年7月の研究授業公開。2年生の生活科「めざせ生きもの博士」の授業で行われるのは、生きものの秘密をグループごとに伝え合う学習である。導入で、目当て、前時までに調べた各グループの秘密や発表のルールを確認。前後半に分かれ、グループで伝える活動を行った。発表が終わると聞いた方はアドバイスをする。まさにアクティブ・ラーニングであった。板書の構成もしっかりしており、何よりも教師の顔が生き生きしていた。途中でいさかいが生じたときもテキパキと指導していた。随分と成長したことを実感した。

 協議会終了後、当人や分科会の参加者と懇談した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。