(円卓)ユネスコスクール全国大会への期待

広島大学准教授 永田 忠道


 ユネスコ協同学校計画は、「世界共同社会での生活のための教育」の実験活動として、1953年より世界的に始動した。この計画に対して日本では、53年から広島大学附属中・高等学校の他4校が「ユネスコ協同学校」として参画した。

 そこから半世紀となる2005年度時点の国内加盟校は16校にとどまっていたが、08年度以降に急速に増加し、18年10月時点では世界最多の1116校を数えるに至っている。

 背景には、08年にユネスコ協同学校を日本国内で新たに「ユネスコスクール」と改称することなどにより、ESD(持続可能な開発のための教育)の推進拠点と位置付けたことが大きな転機となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。