(円卓)高度情報社会での学び

国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部長 猿田 祐嗣

6月末に文科省から「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」が公表された。

Society5.0時代の到来により子供たちに求められる能力として「飛躍的な知の発見・創造など新たな社会をけん引する能力」「読解力、計算力や数学的思考力などの基礎的な学力」が挙げられ、それらの力の育成のために「ICTを基盤とした先端技術や教育ビッグデータの効果的な活用に大きな可能性」があるとされた。

社会構造や雇用環境の変革に応じて「一人一人の活動に関するデータ活用サービス」「ビッグデータ・AIによる新たなビジネス」が拡大し、これからの社会では「創造性・協調性が必要な業務や非定型な業務」を担う人材が必要との見通しに基づいている。

高度情報社会における学校や教師の役割については、各教科で「本質的理解を通じた基盤となる資質・能力」の育成は従来通り重要であり、「協働学習・学び合いによる課題解決・価値創造」や「日本人としての社会性・文化的価値観の醸成」が求められている。

同じく6月に経産省の「未来の教室」とEdTech研究会が公表した第二次提言では、教科横断や教科融合を図り、「学びのSTEAM化」を目指し、そのための時間を捻出するためのカリキュラム・マネジメントが必要とした。さらに「学びの自立化・個別最適化」が重要とうたい、文部科学省のお株を奪う内容と言わざるを得ない。

一方、中教審は初等中等教育分科会に「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」を設置し、義務教育における教科担任制や習熟度別指導の在り方、高校における普通科改革などについて教育課程部会や教員養成部会と連携の上検討中である。

いずれ、高度情報社会に対応した資質・能力とはどのようなもので、それを育成するための学びやカリキュラムはどうあればよいか、教師の働き方改革との関係はどうあるべきか、など教育を取り巻く環境や条件を総合的に吟味すべきである。

さらに言えば、有識者の見識や経験だけで物事を決めるのではなく、次代を担う若者たちの意見を取り入れる機会を設けてはどうだろうか。今の子供たちには自ら活路を切り拓(ひら)いていく力が求められているのだから。