(円卓)高度情報社会での学び

国立教育政策研究所教育課程研究センター基礎研究部長 猿田 祐嗣





6月末に文科省から「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」が公表された。

Society5.0時代の到来により子供たちに求められる能力として「飛躍的な知の発見・創造など新たな社会をけん引する能力」「読解力、計算力や数学的思考力などの基礎的な学力」が挙げられ、それらの力の育成のために「ICTを基盤とした先端技術や教育ビッグデータの効果的な活用に大きな可能性」があるとされた。

社会構造や雇用環境の変革に応じて「一人一人の活動に関するデータ活用サービス」「ビッグデータ・AIによる新たなビジネス」が拡大し、これからの社会では「創造性・協調性が必要な業務や非定型な業務」を担う人材が必要との見通しに基づいている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。