第9回ESD大賞受賞校の実践 スタートアップ賞 横浜市立日枝小学校

川の汚れを自分ごととして 持続可能な社会の創り手を育むために

1. 全ての教育活動が未来を創る教育に

日枝小学校は横浜市南区にあり、内海だった所を埋め立てた起点となる位置にある。街には川が流れ、繁華街が隣接している。外国につながる児童は81人、その内外国籍児童は51人に上る。この数は全校児童の約2割に当たり、その国も、中国(台湾)、韓国、インドネシアなど10カ国にわたる。

2016年度からは、横浜ESDコンソーシアムのESD推進校として指定を受け、持続可能性を意識した教育活動を展開している。

18年度は学校目標である「生き生き日枝っ子」の具現化を目指し、どのような姿を「生き生き日枝っ子」として求めていくか話し合った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。