(円卓)ブラック校則

NPO法人キッズドア理事長 渡辺 由美子



大阪府立高校で、茶色い地毛を黒く染めるように厳しく指導され、結局高校を中退した生徒が起こした裁判に憤りを感じ、「ブラック校則をなくそう!」
というネット署名キャンペーンを2年前に始めた。

 署名の賛同人は6万人超となった。私たちは、校則に関する社会的調査も行った。驚いたのは、以前よりも校則に関する指導が厳しくなっているということだ。
 昭和の時代、会社員は皆背広を着て髪型は七三分け、女性は専業主婦でエプロンをしていた。満員電車に揺られて、皆同じ時間に出勤し仕事をしていた。

 平成を過ぎて令和の今、かつての花形であった銀行員はリストラされ、工場はオートメーション化が進む。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。