(鉄筆)今年の8月15日……

今年の8月15日、台風の影響で甲子園の高校野球の試合が順延となり、終戦記念日の恒例の黙祷(もくとう)は行われなかった。合図のサイレンにより、テレビなどを通して国民の多くの人々が戦争で亡くなった人々に黙祷を捧げたり、平和のありがたさや平和への祈念を共にしたりする大切な場の一つとなっていたように思う。それがなかったのが残念である。

この8月には、戦争に至るいくつかの事件や出来事に関する新たな事実がNHKスペシャルで放送されていた。

『かくて“自由”は死せり~ある新聞と戦争への道~』は、1925年から35年までの10年間に発行された「日本新聞」が、天皇絶対主義の国家体制を脅かすとして大正自由主義を糾弾し大きな影響を与えたと伝えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。