(円卓)「総合的な探究の時間」とESD

尚絅学院大学特任教授 見上 一幸



最近、高校からESD(持続可能な開発のための教育)のリード役を担っているユネスコスクールについて、尋ねられる。

新学習指導要領の「総合的な探究の時間」への対応を模索する中で、高校の関心が向いてきたからのようである。これまで、ESDは分かりにくいと敬遠されがちだったが、2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連サミットで採択されたのに加え、新学習指導要領でもESDが「持続可能な社会の創り手」の育成において重視され、手掛かりが与えられたためかもしれない。

学校がESD・SDGsに取り組む上での不安に、新たな課題への教員の負担感と、教科の専門の枠を超えた生徒の疑問に対応する教員側の戸惑いがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。