(円卓)ESDを深め、そして高める

東京都多摩市立連光寺小学校長 棚橋 乾
 世界全体で持続可能な社会をつくるという、将来世代に対する責任感のある協調的な価値観と取り組みは、即物的で排他的な価値観とせめぎ合い、実際の取り組みとしては、土俵の中央よりも、俵に片足がかかった状態が続いています。

 このような状況を変革するには時間と忍耐が必要ですが、気候変動や貧困などの問題に対して、見て見ぬ振りはできないとの思いを共有している方が多くいらっしゃるのは希望であり推進力であります。

 教育現場においては、教育によって押し戻そうとの思いで、ESDを進める教員の数が増えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。