(円卓)教材開発に取り組む教師の姿勢

放送大学客員教授 梅澤 実





「主体的・対話的で、深い学び」を目指す学習指導要領全面実施を前に、教材開発における教師の技術について再考する。

教材開発の方法や技術については、これまで多くの研究が蓄積されてきたが、ここでは、一人の教師の言葉を紹介し、その言葉を元に、それが発せられた教師の技術と姿勢を探ってみる。

総合的な学習の教材開発に取り組んだ授業後の飲み会で、一人の教師が、「教材になり得る素材は至るところにある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。