(円卓)ゆとり世代に期待

横浜市立日枝小学校校長 住田 昌治





「校長先生の存在って不透明ですよね。どんなことしているのか分かりませんでした。先生の新聞記事を読んで校長先生も大変なんだなと分かりました。担任のときと校長ではどっちが大変ですか」「指導案とか要りますか。先生たちは大変そうですよ」「社会に開かれた教育課程と言いますけど、学校は外部との連携は盛んなのですか。学生や地域のボランティアには入りにくい雰囲気があります。そもそも学校の中で学級や学年が開かれてないという話も聞きます」

校長室に入ってきてすぐ、ものすごいことを聞いてきます。学校サポートボランティアで来ている大学生です。彼らは、学校現場の多忙な現状を知り、教職員をサポートするに起業しようとしている若者たちです。

そして、リーダーは高校生です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。