ESDとカリキュラム・マネジメント(3)カリキュラム・マネジメントへの道

NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム理事 手島 利夫

シンガポールや香港などアジア諸国では、前世紀末には21世紀型コンピテンシーベースの教育に向けて改革が進められ(本紙2019年9月5日付「SDGs4.7とこれからの学び」木村大輔氏)、20年後の今、それらがアジア諸国の学力・国力を押し上げ、輝かしい成果を挙げていることは周知の通りである。

実はわが国でも同時期に同様の施策が示され、国を挙げての取り組みが始まっていた。それが1998年告示の「ゆとりの中で生きる力を育む」学習指導要領の改訂であり、「総合的な学習の時間」の開始である。これは現在のカリキュラム・マネジメントや主体的・対話的で深い学びにつながる、当時としては極めて先進的な教育改革案であり、当初、教育界から高い関心をもって迎えられていた。

しかし、昭和の大量生産・大量消費時代を成功に導いた「学力」や「受験教育」への崇拝者が圧倒的多数を占めていた現状と、「総合的な学習の時間」の進め方についての具体的な手だても各校の創意に委ねられ、理論・実践を兼ね備えた指導者も見当たらない中、場当たり的な体験的な活動ばかりを見せられた多くの学校関係者は、新たな教育観への転換を信用しきれなかったのではなかろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。