災害にあったペットを救え 獣医師チームVMAT

今や日本で飼われている犬や猫の数は二千万匹を超え、15歳未満の子供の数よりも多くなっているという。もしも地震や豪雨など大災害が起こったら、ペットたちはどうなるのか――。

本書では、東日本大震災で多くのペットを救えなかったり、治療に困難を極めたりといった問題に直面した獣医師らが、災害時にペットを診療する獣医師チーム「VMAT」を結成するに至った経緯が紹介されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。