学校教育ではぐくむ 資質・能力を評価する

来年4月以降、小学校から順次完全実施される新学習指導要領で、最大の狙いと位置付けられているのは、子供たちが未来社会を切り開いていくための資質・能力(コンピテンシー)の育成だ。しかしながら、育成すべき資質・能力とは具体的にどのようなものか。さらには、それをどのように評価したらいいのか。教師にとっては悩ましい問題だろう。

本書は、育成すべき資質・能力の内容や教育評価の考え方を確認した上で、評価が悩ましい「総合的な学習の時間」の探究学習を取り上げ、パフォーマンス評価の考え方を説明。学習シートやルーブリックを活用した評価のノウハウを詳述している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。