(鉄筆)何気なくつけていたテレビで……

 何気なくつけていたテレビで、山田洋次監督の『男はつらいよ』を放映していた。観るともなく観ているうちに興が乗り最後まで観てしまった。

 「寅さん」を観るたびにいつも感じることがある。どの作品も寅さんの前にマドンナが現れ、さまざまな事件を通して互いに心を通わせるも、二人の仲はいつも成就しないという筋なのだが、見終わった後、心の中がほっとする温かさと懐かしさで充満するのはどうしてだろうか。

 以前、葛飾柴又にある「寅さん記念館」の「山田洋次ミュージアム」に行った折りに見た、……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。